100均商品が苔テラリウムに大変身!?画像生成AIでデザインしよう

100均商品が苔テラリウムに大変身!?画像生成AIでデザインしよう Entertainment
Entertainment
当ページのリンクには広告が含まれています。

「小さい森を作りたい」

ネットで発見した苔テラリウムが、私の興味を刺激しました。

歳のせいにはしたくはありませんが、だんだんと緑を捉える感覚に変化が出てきた気がします。

320
320

苔テラリウムをやってみよう!

そんな決意とは裏腹に、悩ましい現実もありました。

苦手なこと

植物を育てた経験もなければ知識もない

おまけに工作なども不得意

この記事は、私の苔テラリウム制作体験を通して、道具紹介を行う<準備編>です。

不器用で草花の知識もない人間が、「小さな森を作りたい」との一心で始めた苔テラリウム。

無事に完成へと向かうのでしょうか?

苔テラリウムや緑を欲している方は、一緒にチャレンジしてみてください。

大丈夫です。

完成品としてホームセンターで売っている「苔テラリウム」よりも、お安く仕上がります。

なぜなら、道具は基本的に100均で揃えることにしたのです。

どんな苔テラリウムになるのか…

完成品の予想もできませんが、まずは道具を揃えなければ始まりません。

あなたの森も、意外に「100均」に眠っているかもしれません。

320
320

まずは100均へGO!

本記事の対象者
  • 苔テラリウム初心者の方
  • 苔テラリウムに興味がある方
  • レイアウトアイテムを作りたい方


本記事の信頼性
  • 筆者が苔テラリウム製作者
  • 本記事紹介の道具で苔テラリウムを制作
スポンサーリンク

苔テラリウムとは

丸い容器のテラリウム

すみません。

100均に向かう前に大切なことを忘れていました。

そもそも「苔テラリウム」のテラリウムとは何なのでしょうか?

危うく見知らぬものを作り始めてしまうところでした…

100均で「苔テラリウムに向いたもの…」とは聞けませんからね。

テラリウムとは

テラリウム (英: terrarium) とは陸上の生物(主に植物や小動物)をガラス容器などで飼育・栽培する技術である。 現代でも園芸の一スタイルとして、陸上動物の飼育器として、多くの園館や研究者、アマチュア愛好家によって製作されている。

ウィキペディアフリー百科事典「テラリウム」最終更新 2023年5月11日 (木) 13:22(UTC)

つまり、苔をガラス容器などで飼育、栽培することを意味しているのですね。

ガラス以外にも透明容器は色々とありますので、作りたい苔テラリウムの世界観に合わせた容器を探す必要があります。

今までデスクで飴を入れるくらいしか、ガラス瓶に興味を持ったことがありませんでした。

容器や道具を購入する前にしっかりと計画を立てましょう。

320
320

見切り発車は失敗の元…

苔テラリウムは計画的に

背の高い瓶のテラリウム

見切り発車で道具を揃える前に、どんな「苔テラリウム」を作りたいのか具体像をデザインすることにしました。

もちろん、作りたい目標は「小さな森」…

しかし、処女作で「苔の森」を作成するのは、不器用な私にはハードルが高いと判断。

将来的に「小さな森」を作成する為に、「」をテーマに小さな苔テラリウムを作成することにしました。

この判断は、目標に辿り着くための勇気ある撤退として後世に語り継がれるでしょう…

320
320

「木」だって森の一部ですからね。
…ね?

苔テラリウムのデザイン構想

デザインの参考としてWebやYouTubeで苔テラ先輩方の作品を鑑賞。

…レベルが高いものばかりで恐怖に震えました。

しかし、私が目標とした「木」を作成しようにも、同じような物を作っている方が見当たりません。

そこで、簡単な作成方法と全体像は「YouTube

具体的なデザイン構想は、「画像生成AI」を利用してイメージを膨らませました。

苔テラリウム専門-道草ちゃんねる-さん

苔テラリウムを作成する様子や石段の作り方をオシャレに紹介されています。

石段も素敵なので、夢がどんどん膨らみます。

画像生成AIでデザインしよう
AI画像生成で作られた苔テラリウムの画像に現実の瓶を重ねている画像

昨今は様々な画像生成AIがありますよね。

中でも「Leonardo Ai」が私のお気に入りです。



作成したデジタル苔テラリウムと家にあった瓶を重ねてイメージを膨らませました。

少し非現実的な所もアイデアのヒントになり、とても楽しい作業でした。

320
320

こ、これでいいんじゃないか…

そんな邪な考えが脳裏をよぎりましたが、「木を表現した苔テラリウム」への興味が更に膨らみました。

光に照らされた「木」

AI画像の情景に魅力を感じた私は、「木」にLED装飾で光を取り入れて見ることにしました。

レイアウトアイテムの構想

バークチップの画像

肝心の「木」ですが、小さな瓶に格納できる木がそこらに落ちているはずがありませんよね。

悩みに悩んで庭を探索していると、ガーデニング用の「ウッドチップ」を発見しました。

「これを組み合わせよう」

安直な考えですが、ミニチュアの木を作成したことなど無いので直感を信じてみることにしました。


ダイソーさんでは、ウッドチップも販売しています。


これでデザインのイメージと必要な道具や材料が見えてきました。

買い物リストを作成したら、いよいよ100均へと出かけましょう。

320
320

次こそ100均へGO!


苔テラリウムに必要な道具

大工道具が写っている画像

向かう100均ショップは「ダイソー」さんと「セリア」さんです。

ダイソーさんは、苔テラリウムに特化した商品を取り扱っています。

セリアさんは、レイアウトアイテムに適したミニチュアやLED装飾品などラインナップが豊富です。

どちらのお店もガーデニング商品を多数取り扱っています。

苔テラリウム初心者の心強い味方となってくれますね。

購入した商品一覧

私が今回購入した商品を一覧でまとめました。

それぞれリンクから詳細に飛べますのでチェックしてみてください。

商品販売店備考
赤玉土ダイソー弱酸性の土
ピートモス(土)ダイソー保水性、改良用土
ガラスキャニスターダイソー今回の未使用
ステンレスバットダイソー作業用
ステンレスボールダイソー土の作成に使用
移植コテ(スコップ)ダイソー
土入れダイソー筒形状
ウォータースプレー(霧吹き)ダイソー苔育成に使用
水差しダイソー土の固定に使用
グルーガンダイソースティックは別売
道具BOXダイソー道具や材料の収納用
レイアウト小物ダイソー・セリア
LED装飾品ダイソー・セリア

おすすめ商品までスキップする


\ ぼーっと横になりませんか? /

あったら便利な商品一覧

商品備考
ピンセットI字・L字で長いタイプが便利
ミクロスパーテル苔の植え付けに押さる為のヘラ
ハケ(筆)土の整形用
カラーストーン土の下に敷くことで水捌けUP
水苔同上

苔テラの土

苔に最適な土のポイントを下記にまとめました。

苔に最適な土理由
土の栄養は不要苔は根から水分(養分)を吸収しない
土が清潔であること虫、カビの発生を防ぐ為
ph値が弱酸性であること弱酸性の土を好む苔の種類が大半である為
保水性少量のピートモスなどで保水性を確保する
赤玉土とピートモス
赤玉土とピートモスの画像

ダイソーさんの「赤玉土」と少量の「ピートモス」をブレンドして苔テラリウムの土とします。

少々量が多いですが、これからの苔テラリウム生活をしばらく支えてくれるでしょう。

320
320

詳しくは、続編の記事で紹介します

赤玉土とは

赤玉土とは、関東ローム層の赤土を乾燥させ、粒の大きさを揃えた土のことです。

弱酸性で苔向きの「ベースとなる土」と言えます。

ピートモスとは

ピートモスは、苔などの植物が堆積し腐食化した泥炭を乾燥させた土のことです。

無菌で保水性を確保できる土(酸性)なので、土壌改良用土として一般的です。

商品一覧に戻る


苔テラ用の土をご存じですか?
こちらで紹介しています♪

苔テラの容器

ダイソーの容器の画像

ダイソーさんで「ガラスキャニスター(ステンレス蓋付き)400ml」を購入しました。

木製の蓋で可愛い容器や今回購入したステンレス製のおしゃれな容器まで、大小様々な商品を取り扱っているダイソーさんは、苔テラリウム初心者の味方ですね。

商品一覧に戻る

今回の苔テラリウムで使用した瓶
Luminarcの瓶の画像

これは「Luminarc」のガラス容器です。

実は、今回の作成に使用した容器はこちらになります。

「100均じゃない」というお叱りの声が聞こえてきそうですが…

今回の苔テラリウムで作成するレイアウトアイテム「木」が入る容器として、背の高い容器が必須だったのです。

もちろん100均の容器でも可能でしたが、「木」を表現するにあたり妥協できませんでした。

切り株を表現するなど、次回作にダイソーさんの容器を使用したいと考えています。

商品一覧に戻る


作業用のバットやボール

ダイソーのステンレスバット
ダイソーのステンレスボール

ダイソーさんで、「ステンレス角バット」と「ステンレスボール」を購入しました。

下記で紹介する道具BOXに合わせた小さめの物を選びました。

道具や材料を仮置きしたり、土を混ぜたりとステンレスバットとボールは大活躍します。

商品一覧に戻る

土関連の道具

ダイソーのスコップ
ダイソーの土入れ

ダイソーさんの「木柄 ミニ移植こて」と「土入れ(大小)」を購入しました。

実はスコップとしては、細いものと迷ったのですが、土を扱うならスコップ型の方が良いと判断。

320
320

小さいスコップってなんでこんなにもかわいいのでしょうか…

土入れは、土を容器に流し入れやすい構造になっている為、苔テラリウム向きの道具です。

無くても作業はできますが、作業の効率化のために購入を決めました。

商品一覧に戻る

水関連の道具

ダイソーの霧吹き
ダイソーの水差し

ダイソーさんの「ウォータースプレー」と「水差し」を購入しました。

どちらも苔の育成に使えますが、水差しは土の形成や固定に活躍します。

ピンポイントに水を差すことができるので、とても便利な商品です。

商品一覧に戻る

アイテム加工用の道具

ダイソーのグルーガンとグルースティック

ダイソーさんの「グルーガン」と「グルースティック」を購入しました。

主にレイアウトアイテムのウッドチップの接着に使用します。

スティックは別売ですが、沢山入っているので失敗覚悟の私には助かります。

但し、グルーガン初心者の方には注意点があります

作業中に、常時少量ずつグルーが漏れ出てきてしまいます。

構造上仕方がないのかもしれませんが、必ず耐熱性の容器の上などで作業してください。

液垂れが気になる方は、こちらの商品がおすすめです。

商品一覧に戻る


収納BOX

ダイソーの収納BOX

道具の数が増えたため、収納BOXを購入することにしました。

バットやボールも、ちょうど収まるダイソーさんの「スクエア収納BOX」を購入しました。

蓋付きでスッキリ収納できるのでおすすめです。

商品一覧に戻る

レイアウト用の小物

インテリア用のミニチュア1
ダイソーさんの「移植コテ」が含まれています。
インテリア用のミニチュア2
ダイソーさんの「ハンコ入れ」が含まれています。

ダイソーとセリアさんでレイアウトアイテムの「ミニチュア製品」を複数購入しました。

もちろん、苔テラリウムに必須という訳ではありません。

しかし、世界観を演出するのに有効なアイテムになります。

320
320

意外な商品が、レイアウトアイテムに変身するかもしれません

商品一覧に戻る

LED装飾

ダイソーのリモコンライト
ダイソーさんの商品
セリアのケーブルライト
セリアさんの商品

ダイソーさんで「リモコンライト」、セリアさんで「ケーブルライト」をそれぞれLED装飾用に購入しました。

今回は使用しませんが、セリアさんでは、「インテリアスポットライト」も購入しました。

※レイアウト用の小物に写真があります

苔テラリウムをライティングすると一味違った雰囲気を味わえます。

今回制作するレイアウトアイテムの「木」では、ケーブルライトを使用して光がもれる様子を表現します。

全体のライティングは、リモコンライトを使用します。

このリモコンライトは、タイマー機能や色の変化を操作できる優れものです。

光の表現で苔テラリウムの世界観を無限に広げましょう。

商品一覧に戻る

今回の記事では、100均で購入できる様々な道具を紹介してきました。

ここでは、100均以外のおすすめ商品を紹介したいと思います。

グルーガン

100均のグルーガンでは、どうしても「液垂れ」が発生してしまいます。

「Anesty GG-01 グルーガン」は、先端が細いので「液垂れ」が発生しにくい商品です。

加熱も早いので、これから本格的にグルーガンを使用する場合は、100均以外の商品を検討することをおすすめします。

苔テラリウム用の土・石・砂セット

土を調べたり…

混ぜてこねたり…

石や砂を用意したり…

何かと準備が大変な苔テラリウム。

この商品があれば、すぐにでも制作を始められます

苔4種セット

苔は、街のお店ではなかなか売っていません…

いろいろなホームセンターなどを探しましたが、見つかりませんでした。

長さの違う苔で、さまざまな表現が可能となる苔テラリウム。

苔を購入される際には、こちらの苔4種セットがおすすめです。

ふりこけサッサ

苔を着生させる際にできた隙間や修復用途として、「ふりこけサッサ」という商品があります。

名前の通り、乾燥粉末となったスナゴケを「ふりかけ」のように蒔くことができます。

水をやるだけで3週間ほどで新芽が出てきて、1〜2ヶ月で立派な苔に成長します。

製造時に洗浄されているため、害虫等の心配もいりません。

この「ふりかけ」ならぬ「ふりこけ」は、不思議な感覚と便利さを体験できます。

修復用途にも向いているので、1本持っていて損はありません。

100均苔テラリウムのまとめ

100均商品が苔テラリウムに大変身!?画像生成AIでデザインしよう

今回は、苔テラリウム準備編と題して、100均商品で作れる苔テラリウムの道具・材料などの情報をお届けしました。

いよいよ次回は、レイアウトアイテムのウッドチップの「木」を紹介したいと思います。

320
320

レイアウトアイテムの記事が完成♪
下のリンクから移動できます。



初めての苔テラリウム制作が、こんなにも楽しいとは思いませんでした。

AIを使った画像生成やデザイン構想、道具の買い物だけでも楽しいものですね。

緑を部屋に取り入れると心が穏やかになります。

そんな緑を自分の手で作れるとしたら…

眺める景色が思い出と相まって、素敵な苔テラリウムとなるでしょう。

100均で揃えた道具で、完成品として売っている商品以上の作品が作れるのです。

ぜひ、この機会に苔テラリウムを始めてみませんか?

苔を入れる前なら、いくら失敗したって良いのです。

100均商品なので気軽にチャレンジしてみましょう。

あなたが表現する苔テラリウムの世界も、きっと素晴らしいものになるはずです。

小さな森の木陰から、ひっそりと応援しています。

タイトルとURLをコピーしました